本文へスキップ

クレジットカード 概要

クレジットカードの概要

【普及率・保健・ポイント還元】

日本クレジット協会によると、クレジットカードの利用頻度は、たまに利用する人を含めると96%なのだそうです。最も高い利用場所は、インターネットショップが61%。

このことからもクレジットカードはインターネットの普及により当たり前のように使われる時代になったということがわかります。

実際、インターネットショップを利用する場合は、クレジットカードがなければ不便です。

例えば、決済方法を代引きにすると「代引手数料が加算」され、トータルの購入費用が高くなり損。また、振込にすると、振込確認後でなければ商品発送しないため、「品物の到着が遅くなる」というデメリットが。

ところがクレジットカードを使うと、「品物はすぐに発送」してくれるのに、「料金は後払い」になります。また、購入した「品物が盗難や破損した場合の保証」や旅行などには自動的に保険が付いてくるようなクレジットカードもあり安心です。

それから、クレジットカード決済は、現金を持ち歩かなくて良いため安心だし、レジで小銭のやりとりする手間もなくなるため、支払いがスマートです。

おまけにクレジットカードで購入した場合は、ポイント還元されます。そのためクレジットカードで商品を買うと「安く買える」、というわけで、クレジットカード決済は、便利を通り越して使わなければ損と言えそうです。

クレジットカード クルマと女性

先ほどクレジットカードの保険やポイントなどについてサラリと触れましたが、ここで少しだけメリットを補足します。

クレジットカードを所有することによって、様々な付帯サービスを受けることが可能になっていますが、その中でもクレジットカードの「保険サービスは人気」を集めており、保険を目的にクレジットカードを発行する人も多くいます。

また、クレジットカードで買い物をすると、ほとんどのクレジットカードでポイントが付加されることになります。このポイントを貯めることで様々なサービスが受けられるため、保険と同じでクレジットカードのポイントを目当てにポイントの還元率が高いクレジットカードを作る人も多くいます。

それから、通常ならお金が手元に無い状態で高い買い物が必要になると金融機関からお金を借り入れて、そのお金で買い物をする必要が出てきますが、クレジットカードは利用すると一括払いか分割払いかを選択することが可能です。

クレジットカードを所有していることで、一括で支払えない場合は分割で支払うことができるということが可能に。そのため、クレジットカードがあれば、わざわざ金融機関からお金を借りいれる必要が無いというメリットがあります。
今おすすめのクレジットカード
2位 楽天カード